自宅で作る年賀状は耐久性が弱い

自宅で年賀状作成はデメリットも…

自宅年賀状のデメリット

私は時間がないときは、近くに写真プリントをしているお店でお願いします。自分で作った年賀状のデータを持っていき、印刷してもらう場合。本当に時間が全くないときは、デザインを選んで必要な枚数を印刷してもらいます。

余裕があるときは、家のプリンターで印刷までしますが、インク代が高くつくので外で印刷したほうが綺麗だと感じています。そして特に耐久性に大きな違いがあります。

自宅でプリントした年賀状は、1年後に見るとすでに色があせて、写真が薄くなっています。何年も持つことはないでしょうね。保存しておきたい写真年賀状は印刷業者がよいでしょう。

イラスト年賀状でインク量が多くなければあまり気にならないかもしれませんし、デザインにもよりますが、、写真年賀状のように、印刷する部分が多いときは、家よりもお店のほうが絶対にいいということです。

⇒年賀状写真印刷安い!ランキング

写真年賀状を作成するとき気をつけていること

年賀状をつくるとき、昔はデザインや変わったものなど考えていましたが、最近は、メッセージを書くのが面倒なので、余白が少なく何も書かないでいいようなデザインでつくるようにしてます。また家族写真は、不愉快に思う人もいるので家族写真は使いません。もし家族写真を見せたい人に送るときは、写真をシールにして年賀状に貼って送ります。デザインの感じは、老若男女問わない平凡な感じで、目上の人にも使えるようなものにします。

安く印刷するための工夫

家とプリント屋さん、コンビニなど比較すると、印刷費用は、プリント屋さんが一番安いです。余裕があるのなら、ネットから申し込めるプリント屋さんで安いところにお願いするといいと思いました。耐久性もあるのでいいのではないでしょうか。経験から、干支を書かない年賀状を大量に作っておき、毎年、年号程度書き込むような使い方をしている人もいます。その場合、500枚と大量に印刷しておくのだそうです。

年賀状作成費用の目安

印刷予定は、5000円から6000円程度 枚数は50枚ほど

年賀状ネット注文詳細

業者名・近所の写真店 ネット印刷不可。
納期 3日
送料 なし。店舗受取
写真入り 対応
サービス内容 早割で安い、プレゼント

人気の理由は

年賀状の写真入り印刷はとにかく安いことが絶対条件です。格安だからいろいろ楽しめる写真年賀はがき。 

自宅プリンタを使う口コミ

◎エプソン利用でオリジナル年賀状

エプソンの専用アプリを使って毎年作成していま。

好きな絵柄を選んで写真をとりこみ加工して作成して印刷という流れです。

今までパソコンで作成していましたが携帯で出来てしまうので写真とりこんでとても簡単で早く出来るので随分楽になりました。宛名印刷も一度連絡先より連結させれば、自動印刷されるので携帯で作成するのが手際よく楽に作成できます。またプリンタの専用アプリなので画像も綺麗だし自宅で手軽に出来るのが嬉しいです。喪中ハガキの為なし毎年80枚。安く年賀状を作るには手作りが一番です。

 

◎エプソンのWEBプリワールドを使用した年賀状

エプソンのwebプリワールドというメーカーのオンラインサービスを使って、自前のエプソンプリンタで印刷します。
まず、フレームや使える素材をざっとみて選びます。家族とも相談して、どんな年賀状にするか決めます。入れたい写真や文章が決まっている場合は、それにあったデザインを選びますし、逆に、決まっていない場合は、気に入ったデザインをそのまま活かしたシンプルなハガキにすることもあります。

編集が終わったら、自前のエプソンプリンタで印刷します。宛名書きは基本手書きです。その他、個人的な挨拶なども手書きで加えています。70枚くらい印刷でハガキ代を入れて5,000円くらい。自宅プリンタは手間がかかりますが、安いですね。

◎自力で作成

印刷会社へ発注したり有料のイラストを使用したりなどのサービスは、利用していません。

先ずは送付先を仕事関係や親類、友人・知人など数種類のグループに分別して、それぞれのグループにみあったイラストや素材、テンプレートなどをフリー素材のサイト等で探します。

次に画像編集ソフトを使って、探してきた素材を組み合わせたりテンプレートに写真画像を入れ込んだり、挨拶文やメッセージ等の文字を書き込んだりなどを行って、裏面を完成させます。

最後に表面を、住所録アプリなどでプリントして完成となります。50枚程度で、はがき代とプリンタインク代で概ね5〜6千円の予定です。最近はネット印刷で写真年賀状も格安になっているので、数千円の違いなら外注に出してしまおうかと迷うことはあります。

◎筆まめで作る年賀状はコスパ良い

市販の年賀状作成用ソフト「かんたん年賀状ソフト筆まめ」を使って作成します。

たくさんのテンプレート一覧の中から好きなデザインを選び、デザインに応じて写真を選択します。写真をフレームに入るようサイズ調整などをして、決定したら、定型文の中から挨拶を決めます。

その後に自分たちの住所や名前の場所も決めて、全体のレイアウトを確認して作業完了。

あとは複合機ではがきを印刷したら1枚ずつ宛名とメッセージを手書きします。60枚印刷で3120円の予定です。通販している友達に聞くと、私はかなり安く年賀状を作れているということで、嬉しくなります。

◎年賀状ソフト筆王とプリンタ

パソコンのハガキ印刷ソフト筆王を活用して毎年印刷しています。年賀状のデザインは無料デザインを提供しているホームページのサイトからダウンロードして、自分流のデザインを毎年作っています。以前は印刷業者やカメラ店等に依頼していましたが、パソコンを使えるようになってからは、住所録の整理や登録、印刷はすべて自宅で行なっています。宛先の印刷を行なったうえで裏面の年賀状デザインをプリンターで印刷します。デザインは干支とあいさつ用のコメントをレイアウトして作成しています。1万円 150枚程。我が家は年賀状印刷枚数が多いので、ネット注文ではかなり高額になってしまいます。ですから、安い自宅プリントはしばらく止められないでしょう。

◎筆ぐるめで写真を加工

自宅で印刷しています。内蔵されている筆ぐるめを使用します。

大まかなデザインは筆ぐるめの中から選んで、ほかの細かなイラストなどは、無料ダウンロードできるサイトをいろいろ見ながら、好みのものを探します。

親戚などには子供の写真を入れて送るので、その写真を選び、貼り付けられるように加工します。

文章も筆ぐるめのテンプレートを主に利用しますが、個別に少しずつメッセージを変えて作成し、自宅のプリンターで印刷します。50枚程度の予定です。自宅で印刷するので、予算は年賀状代の2600円。自分で作ると思い出にもなるので料金へのこだわりだけで自宅年賀状にしているわけではないですね。安い年賀状は受け取ってすぐわかってしまうというのも感じます。

◎フォトショップエレメンツ使用

年賀状は毎年自宅で自分でデザインしたものを印刷しているのでサービスなどは使用していません。

自宅でフォトショップエレメンツを使用し、夫と相談して今年の年賀状のデザインを考えます。デザインの中には必ずフレームのようなデザインを入れるようにして、その中に今年1年間の写真の中からどれがいいのか厳選して入れます。あと今年の干支のイラストなども入れ、あいさつ文などももうデザインの中に入れておいて印刷するだけにしておきます。枚数は3枚だけで予算はハガキ代で180円ちょっとの予定です。少ししか作らないので通販年賀状の選択肢は無いですね。料金と言うより、年賀状作りを楽しんでいます。

MENU
年賀状印刷店別

 

特別な家族写真の年賀状はフォトリッチで♪

家族写真

profile

私は、子供の(赤ちゃん) 誕生報告年賀状をきっかけに、写真入りの年賀状をつくるようになって、毎年いろいろ工夫をしながら、ネットプリントを利用しています。格安でおしゃれ度の高い、好きなデザインを自由に選べるwebショップは楽しいですよ♪
自分で作るよりも簡単でネット年賀状は安い。中には手作りっぽいものや、漫画タッチのもの、面白い写真フレームのものも出ています。いろいろ試して、お気に入りを見つけましょう♪


写真年賀状におすすめの場面は、子どもの成長イベント。 出産の年から、毎年年賀状の写真で成長が感じられます(^ ^)

子供年賀状安い


ペットの年賀状は何気ない日常写真もオシャレ。家族で一緒に撮るフォト年賀もいいですね♪

安いペット写真年賀状


ディズニーのキャラクター年賀状はいんさつどっとこむが安いのでおすすめ♪

キャラクター安い年賀状


写真枠付きのキャラ年賀状テンプレートもありますよ(^^)可愛いです。

写真キャラ年賀状安い