写真年賀状印刷安い

手書きペン

手書き年賀状のマナー、おすすめのペン

手書き おすすめのペン マナー

手書きの年賀状で一番気をつけることは、「宛名」です。年賀状という1年のはじまりの挨拶で、送る相手の名前や名字を間違えてしまうと、失礼になります。宛名を間違えて書いてしまった場合には、新しいはがきに書きなおすことがマナーです。二重線で消したり、黒く塗りつぶしたりすることは、避けるようにしましょう。年賀状では誤字があると縁起が悪いとも言われているので、年賀状の宛名だけではなく、メッセージにも誤字がないように気をつけましょう。 青字も失礼にあたるので、手書きの時は黒ペンを使用しましょう。  マナーを守って書きやすい、おすすめのペンをご紹介します!

タップできる目次

年賀状手書きにおすすめ「硬筆の筆ペン」

硬筆 筆ペン 年賀状 手書き

パイロットの「筆まかせ」がおすすめです。年賀状は筆ペンで書くと、日本の伝統的な美しさが文字に表れ、とても美しく仕上がります。筆まかせは、筆ペンのような見た目に仕上がるので、年賀状の宛名やメッセージを書く時にはぴったりのペンだと言えます。選ぶときのポイントとしては、年賀状を書く時におすすめの筆ペンの種類に「硬筆」の筆ペンがあります。普段、筆ペンを使うことがない方でも、年に一度の年賀状では上手に書きたいはず。「筆まかせ」のように硬筆の筆ペンなら、筆ペン初心者でも一定の太さの線を書くことができ、トメやハライなどの細部も綺麗に書くことが出来ます。
インクの濃淡は薄いほうかと思いますが、やさしく上品な雰囲気の文字を書くことができるので、年賀状にぴったりかと思います。筆ペンは長いものもありますが、「筆まかせ」はサイズが比較的小さいため、筆箱に入れることもできて持ち運びに便利です。極細タイプですが、自分で書く時にコントロールすることで、太い文字も細い文字も上手に書くことが可能です。

 

安い写真年賀状ランキング

写真年賀状には油性ペンを使用

写真年賀状 おすすめ 油性ペン

年賀状と一言に行っても、最近はご自身やご家族の写真を使った年賀状を作成する方が増えました。したがって、通常の年賀状と写真を貼り付けたタイプの年賀状では、適するペンも変わってきます。通常の年賀状には、ボールペンでも問題なく書けますが、写真タイプの年賀状には、やはり油性のサインペンが一番です。お勧めはマッキーのサインペンです。一本で太字と細字が書けるタイプの物ですが、年賀状の宛名や裏面のコメント等は、細字でも十分に書けます。そして何より、油性ペンですので書いた後で滲んだりする心配がないのが嬉しいです。もちろん、写真タイプの年賀状に限らず、通常の年賀状にも利用可能です。マッキーのサインペンであれば、表面の住所や宛名も裏面のコメント等も、全て一本で書くことができます。太字と細字が選べますので、お好みで表面だけは太字、裏面のコメント等は細字と、使い分けができるのも便利です。配達途中の悪天候でも、マッキーの油性ペンであれば、宛名やコメントが水で濡れてしまうこともありません。

年賀状書きに人気の万年筆

万年筆 年賀状 手書き

プレピーの「プラチナ万年筆」がおすすめです。とてもお財布にやさしい値段で買うことができ、万年筆らしい強弱のある文字が簡単に書けるので、万年筆の初心者にも使いやすいところが、おすすめポイントです。書くときの抵抗が少なく、小さい文字でのメッセージにも適しています。また、ゲルインクのようにインクの出がとてもいいので、スラスラとお好みの速さで書くことが可能です。年賀状では多くの枚数を書くかと思いますが、カートリッチの交換も簡単で、お値段もお手頃です。

年賀状を作成する際、多くの人は身近にあるボールペンや油性ペンを使ってしまいがちです。万年筆をお持ちでないご家庭もあるかもしれません。万年筆やボールペンと同じようにペンの先端は細いですが、ボールペンと大きく違うのは、太さを自由に変えられることです。それ故に、書く人の個性や人柄が現れると思います。一番のお勧めはパイロットの万年筆です。1,000円台のリーズナブルな商品から、かなり高価な物までありますので、ご自身の好みで選んでいただけると良いです。

習字筆で書く年賀状の魅力

習字筆 手書き 年賀状

習字筆で書くときには、筆の太さを自由に選ぶことができるので「謹賀新年」などの文字は太く、「メッセージ」の文字は細く書くなど、文字の太さのバリエーションが広いです。書く時の揺れや、手の力などがダイレクトに文字に出るので、上手でも下手でも、文字に書き手の味が出ます。個性が表れやすいと思います。

習字筆(毛筆)で書いた文字は、何よりも美しく丁寧で、相手を大切に想う気持ちが伝わってきます。パソコン等で作成された年賀状と違い、文字の美しさや大きさ、バランスで全体の印象も大きく変わってきます。毛筆の年賀状は、ある程度書道を学んだ人にしか作成できませんが、相手に対する丁寧な気持ちが伝わり、今後の人間関係にも良い影響を与えてくれると思います。

子供・小学生・中学生の年賀状ペン

ペンテルの「せんたくできれいカラーペン」がおすすめです。年賀状を何枚も書いていると、途中で休憩したくなったり、違う色に持ちかえたりするときに、服や手に色がついてしまいがちです。でも、「せんたくできれいカラーペン」は色が落ちやすい水性タイプなので、洗濯で色が落ちるのでとても安心です。カラーもたくさんの種類があり、いろんな色でカラフルな年賀状のメッセージを書くことができます。小さい子供さんにおすすめですね。やさしい色合いなので、奇抜なデザインになりすぎないので、年賀状らしく落ち着いた雰囲気でメッセージを書くことが出来るところが特徴です。

 

小学生や中学生のお子さんは、年賀状は宛名やコメント等の文字だけでなく、ご自身で様々なイラストを描いたりすると思います。したがって、複数の色のペンが透明ケースに入っている、水性のカラーマーカーが一番良いかと考えます。カラーマーカーは、学校や家庭でも日常的に使用する機会も多く、すでにお持ちのお子さんがほとんどかと思います。しかしながら、写真プリントの年賀状に関しては、水性マーカーでは書けませんので、その場合に限り油性ペンが必要になるかと思います。

ペンで手書きする年賀状のメッセージまとめ

ペンで手書き 年賀状

「旧年中は大変お世話になりありがとうございました」のような賀詞を書くのが一般的です。送る相手との関係によって、内容は多少変わってきますが、旧年中のお礼や新年の挨拶等です。しかし、年賀状には使ってはいけない言葉があります。マナーとして終わる・切れる・離れる等の忌み言葉や、句読点(、や。)は使用しません。忌み言葉は不吉なことを予感させ、句読点を使用する代わりに改行などを行います。また、賀詞も送る相手の年齢によって好ましくない表現もあるので、気を付ける必要があります。 ペンや筆で手描きするとぬくもりの伝わる年賀状が完成しますね♪

↓↓↓安い、おしゃれ、当日発送の写真年賀状はこちら↓↓↓
格安年賀状おすすめ情報
年賀状印刷サイト別

 

特別な家族写真の年賀状はフォトリッチで♪

家族写真

profile

私は、子供の(赤ちゃん) 誕生報告年賀状をきっかけに、写真入りの年賀状をつくるようになって、毎年いろいろ工夫をしながら、ネットプリントを利用しています。格安でおしゃれ度の高い、好きなデザインを自由に選べるwebショップは楽しいですよ♪
自分で作るよりも簡単でネット年賀状は安い。中には手作りっぽいものや、漫画タッチのもの、面白い写真フレームのものも出ています。いろいろ試して、お気に入りを見つけましょう♪


写真年賀状におすすめの場面は、子どもの成長イベント。 出産の年から、毎年年賀状の写真で成長が感じられます(^ ^)

子供年賀状安い


ペットの年賀状は何気ない日常写真もオシャレ。犬や猫、家族で一緒に撮るフォト年賀もいいですね♪

安いペット写真年賀状


ディズニーのキャラクター年賀状はいんさつどっとこむが安いのでおすすめ♪

キャラクター安い年賀状


写真フレーム付きのキャラ年賀状テンプレートもありますよ(^^)可愛いです。

写真キャラ年賀状安い


最新は寒中御見舞いはがきも写真入り!テンプレートを選んで安く作ることができます♪

寒中見舞い 安い おしゃれ